T.CLIPのメリット

店舗がより楽しく、季節感溢れた場所になる。文具と雑貨をプラスして、集客に強い売り場を演出。

T.CLIPのメリット


T.CLIPの特徴

商品の仕入は「消化仕入方式」を採用

『消化仕入方式 』とは、店頭で商品が売れて初めて商品の原価相当額を店舗様に請求する方式です。
商品は貸与いたしますので初期投資が抑えられます。さらに発注はFC本部が代行するため不慣れな発注業務もなくなり、コストの削減に繋がります。(所定の方式による棚卸が必要となります)
※『買取方式』…商品を店舗で買い取って頂く方式も選択できます。粗利率は『消化仕入方式』に比べて高く、既存在庫を流用できるため、元々文具の取扱のある店舗様には、買取り方式もお勧めしております。

幅広い取り扱い商材

実用文具、ファンシー文具、雑貨、菓子、化粧品、玩具など関連ジャンルまで幅広い品揃えを実現。
定期雑誌の配本数なども品揃えの参考になります。

独自の商品計画に基づく販売施策を立案

FC本部の専任バイヤーとエリア担当者が、年間の商品計画を立てて商品施策、仕入業務を実施します。

多頻度小量発送による店頭在庫の圧縮と過剰在庫の防止

原則週1回、単品での納品で、適正在庫の維持がしやすい仕組みです。

店頭業務の単純化によるローコストオペレーションの実現

消化仕入方式の場合、手間のかかる発注業務は不要となり、店舗では、入荷、陳列、販売に集中できます。
1日3時間・1人程度の作業時間でOK(販売、接客は除く)。